弁護士と顧問契約をするメリットについて

顧問として弁護士と契約をした方がトータル的に費用を節約できるケースがある

法人や企業が弁護士と顧問契約をすることは様々なメリットがあります。
例えばスポーツ系の法人である場合は、選手と契約する場合、しっかりと契約の細部を取り決めをしておかないとトラブルが発生する場合があります。このような場合において、法人と選手が契約交渉をする場合に、弁護士が仲介人として入ることによって、契約上のトラブルと未然に防ぐことが可能となります。
この場合、弁護士と顧問契約をしておくことによって費用を節約できるケースがあります。なぜなら、顧問として契約をする方が費用を安く設定している法律事務所が多く存在するからです。また、法律相談の回数についても無制限の設定にしている法律事務所も存在するので、その点でも顧問として弁護士と契約をした方がトータル的に費用を節約できるケースがあります。

ベンチャー企業にとって、創業時に関わる法律問題を迅速に解決してくれる顧問弁護士の存在は大きい

またベンチャー企業が弁護士と顧問として契約しておくことによって、創業時に関わる法律問題を迅速に解決できます。例えば創業時に資金調達が必要ですが、この時に会社法に違反をする資金調達をしてしまうと社会的な信用を失うために、創業が頓挫してしまうケースがあります。
また、会社を設立する場合に広く株主を公募する場合がありますが、この場合も会社法の規定を遵守する必要があります。このように会社設立の場合においては、様々な場面で法律知識が必要となります。
そして顧問として契約をしている弁護士の存在は大きな心理的な安心感にもつながります。また、会社の経営が順調になったとしても従業員の賃金の取り決めや、福利厚生については法律の定めに基づく必要があります。そうする事によって、従業員は気分良く業務を行うことが可能となります。

中小企業にとっての顧問弁護士は、金融機関の融資や債務支払いの延期、また債権回収の代理人としても活躍してくれる

また、中小企業にとって重要な事の1つとして金融機関の融資があります。この場合、様々な要因によって支払が滞る可能性があります。そのようなときに、弁護士に依頼する事によって、弁護士が金融機関と交渉をしてくれます。これによって債務の支払を延期してもうら可能性が出てきます。そして債務を延期している期間に、事業で利益を上げて、債務を返済することができます。また、企業が第三者に融資などを行った場合に利息等の取り決めについては、法律に基づいて行う必要があります。
このような時に、顧問として契約をしている弁護士がいることは非常に便利です。また弁護士は債権回収の代理人としても活躍してくれます。顧問契約をする弁護士は、口コミの評価が高い弁護士を選ぶと良いでしょう。