企業弁護士のスポット契約には利点がある

会社の法律的な問題解決には、弁護士の助力を得るために企業弁護士を雇うという手段がある

会社は法律的な問題に立ち向かう場合があります。会社の販売している商品やサービスで、顧客が損害を受けた場合です。もしくは慰謝料を狙う犯罪者が、言いがかりによる訴訟を起こす事もあります。問題は会社が正しくても法律的な知識がなければ、勝負にならない事です。
被害を訴えてくる相手は、法律に強い人物を味方につけています。仮に相手の言い分が不条理だったとしても、法律的な根拠が乏しい反論は却下されてしまうのです。そして会社は損害賠償をする必要が生じます。
顧客と真摯に向かい合う事は大切ですが、やり過ぎによって会社の資産が大きく失われるリスクがあるのは確かです。
だから会社は弁護士の助力を得ています。司法試験を突破している弁護士は、得意分野の問題が発展した時、強力な味方としての活躍を望めるのです。
弁護士の助力を得る方法はいくつか存在しています。最も代表的なのは企業弁護士として雇ってしまう手段です。会社と雇用契約を結んでいるスタッフは、利益獲得のために働いています。会社が訴訟を起こされた時には経費の肥大化の恐れがあります。経費の肥大化を防ぐ事は利益を確保するための行動の一種なので、弁護士資格を持つスタッフの仕事です。

スポット契約で企業弁護士を雇えば、問題が起こるまで契約は結ばないので、自然に経費削減できる

しかし会社に弁護士を雇う事には大きな問題があります。それは人件費の高騰を招いてしまう事です。弁護士資格を持つ人材は高い価値を持ちます。弁護士資格を持っているだけで、給与上昇を約束している企業も存在しているほどです。だから複数人の企業弁護士を雇っている会社は、常に大金を支払っている状態になります。その問題点を解消するためには、弁護士を常に在籍しておく事を止めなければなりません。
その考え方が浸透した事によって、スポット契約が流行しています。スポット契約で企業弁護士を雇う場合には、問題が起こるまで直接的な契約を結んでいません。つまり会社は弁護士にお金を支払う必要がないのです。弁護士へのお金の支払いが発生しなくなれば、経費削減は自然に果たせます。会社にとって経費削減は至上命題です。そして一時的な契約で弁護士を雇えば、必要な人員数を集められます。
会社に弁護士を雇う形にすると、社内だけで問題を解決する事が求められるようになります。しかし問題が大きくなってしまった場合には、雇用している弁護士だけでは不足する可能性があるのです。スポット契約で弁護士を利用していれば、臨機応変な人員調整を実践し易くなります。