法人の企業弁護士の選び方

法人の企業弁護士の選び方で重要になるのは、その弁護士がどの分野に精通しているかを調べること

あらゆる法人の業務には法律の専門知識が欠かせません。法人は弁護士と提携することによって業務の安全性が高まり、紛争の発生を予防することにつながります。
法人の企業弁護士の選び方で重要になるのは、その弁護士がどの分野に精通しているかを調べることです。弁護士にはそれぞれ得意分野があり、交通事故に強い弁護士や消費者問題に精通している弁護士などが存在します。社内弁護士を選ぶ際には、法人の業務内容に精通している弁護士に企業弁護士になってもらうことが必要です。

自動車保険を取り扱っている保険会社は、被害者との示談交渉が得意な交通事故に強い弁護士と提携する

自動車保険を取り扱っている保険会社は、交通事故に強い弁護士と提携することが必要になります。交通事故に強い弁護士は、交通事故の被害者との示談交渉を得意としており、示談交渉を有利に進めることが可能になります。交通事故に強い弁護士は医学の専門知識も有しており、交通事故による怪我の症状に合致した適切な保険金で示談交渉を進めます。不当に高額な保険金を請求する人に対しては、法律の専門知識を活かして不当な要求をシャットアウトします。

労務問題に精通している弁護士は、非正規社員の待遇改善の手続や、社内いじめやセクハラなどの問題解決も得意

従業員との間で労使トラブルを抱えている会社は、労務問題に精通している弁護士に企業弁護士に就任してもらうと、労使トラブルを解決に導いてもらえます。労使関係を良好にするためには、就業規則に不備があってはいけません。労務問題に強い弁護士は就業規則の作成を得意としており、労使関係を良好にする就業規則を作成してくれます。
法律的に不備のない就業規則を作成することによって、労使間のトラブルを未然に防げます。最近は契約社員などの非正規雇用が増えており、正社員との格差が社会問題になっています。労務問題に精通している弁護士は、非正規社員の待遇改善の手続も得意としており、非正規社員の不満を減らして、社員のモチベーションを高めることにも貢献します。

最近は社内でのいじめやセクハラなどが社会問題になっており、社内いじめやパワハラ、セクハラなどを撲滅することが企業経営者に求められています。労務問題に強い弁護士は、社内いじめやセクハラなどの問題解決を得意としており、社内いじめやセクハラなどがない健全な会社にすることが可能です。素行の悪い社員については、懲戒免職することが可能になり、素行に問題がある社員を合法的に解雇できます。
労務問題に精通している弁護士は社会保険労務士と連携しており、社会保険労務士の助言を受けて、社内環境を改善することが可能です。