企業内弁護士になるためには

将来、企業の法律問題を解決する弁護士を目指す人は、外国語の能力が要求される

企業内弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。そして司法試験を受験するためには、法科大学院に入学する必要があります。法科大学院入試は、一般教養試験や小論文や法律科目などが受験科目となっています。
法科大学院によっては志望動機の書類や面接試験が実施される所もあります。面接の際には、将来の法律家像を質問される場合があります。その際に、企業内弁護士を目指す事が明確な場合は、それについて答えると良いでしょう。
法科大学院によっては、企業の法律問題を専門とする弁護士を育てることを表明している大学院もあります。そのような大学院の面接試験では、英語や中国語やフランス語などの語学の修得について質問される場合があります。この理由は、企業の法律問題を解決する弁護士には、外国語の能力が要求される場面があるからです。
つまり例えば海外の企業との契約書でトラブルが発生した場合に、弁護士に英語の翻訳能力が必要となるケースがあります。また海外の企業と裁判を行った場合は、英会話が可能な弁護士が優遇されるケースがあります。そのため、将来、企業の法律問題を解決する弁護士を目指す人は、外国語の能力が必要となってきます。

会社法の修得、破産法や民事執行法の知識、文章を読む能力に加え、常に新しい社会情勢の知識が必要となってくる

そして法科大学院の授業の中には、実際に企業で働く弁護士が講師となっている授業も存在します。このような授業を選択することによって、将来のモチベーションアップになるでしょう。また、司法試験科目でもある会社法の修得は、企業の法務問題を解決する弁護士になるためには必須の知識となります。また破産法や民事執行法なども、企業の問題を解決する弁護士になるためには、必要な法律知識になります。
企業の法律問題を解決する弁護士に必要な能力はいくつかありますが、その1つが文章を読む能力です。なぜなら、契約書の中には膨大なページ数の書類があります。このような膨大な契約書を迅速にチェックして、紛争を未然に予防する能力が弁護士には必要になってきます。
また企業の法律問題を解決する弁護士に必要な能力としては、社会情勢の知識を常に知っていることが必要です。例えば会社法は頻繁に改正されます。そのため受験時代の知識だけでは太刀打ちできない問題が発生します。そのため常に新しい知識は必要となってきます。
また、企業の問題を解決する弁護士には、柔軟な思考が求められます。例えば、吸収合併の問題などを解決するためには、柔軟な発想が必要となります。